白塔、病棟(北)

浅香山病院白塔、西病棟

  • 病棟(北)

    白塔

    白塔(中庭側から)-2

    白塔(中庭側から)-1

名称浅香山病院白塔、西病棟/あさかやまびょういんはくとう、にしびょうとう
所在地堺市堺区今池町3丁3-16
TEL/FAX
HPhttp://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/torokuseido/hakuto.html
E-mail
建築年代1936年
建物種別 その他(病棟)
構造鉄筋コンクリート造2階建
概要説明浅香山病院は、大正11年(1922年)に堺脳病院という精神科を中心とする病院として設立され、昭和35年(1960年)に総合病院となり現在に至っています。この建物は鉄筋コンクリート造2階建の建物で、建物のほぼ中央部には白塔が設けられ、病院のシンボルとなっています。白塔塔屋部分のアーチ型の窓や、屋上の鳩小屋風の塔など設計上の遊び心が見られ、変化のある外観となっています。建物のデザインは、全体的にスパニッシュスタイルとし、白い外壁と赤いスペイン瓦が印象的な建物です。建築施工は清水組で、昭和11年(1936年)3月に起工し、翌年5月に完成したことなどが病院の記録に残っています。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考