屋敷地の中央に南北棟で建つ主屋

田中家住宅主屋 玄関及び座敷棟 勝手門及び納屋 備窮倉 表門 築地塀

  • 庭園には季節の花が咲く。

    主屋玄関脇の白壁

    土間から見る取り次ぎの間

    土間の太い梁が見事である。

  • 取り次ぎの間

    中の間から座敷棟を見る。

    座敷棟 上段の間

    座敷棟 次の間と庭園

  • 庭園から見る座敷棟

    片桐且元が好んだと伝わる灯籠

    玄関および座敷棟

    備窮倉

  • 勝手門及び納屋

    表門

    折曲り延長51mに及ぶ築地塀

    表門は紀州街道に面している。

名称田中家住宅主屋 玄関及び座敷棟 勝手門及び納屋 備窮倉 表門 築地塀/たなかけじゅうたくしゅおく げんかんおよびざしきとう かってもんおよびなや びきゅうぐら おもてもん ついじべい
所在地泉大津市助松町
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代主屋 江戸/1661-1750/1751-1829・1830-1867増改築 他
建物種別 住居
構造木造平屋建、瓦葺
概要説明泉大津市助松町の田中家住宅は紀州街道に面し、江戸時代に紀州徳川家御用の御休本陣として参勤交代などの際に使用され、助松本陣と呼ばれてきた。本陣にふさわしい表門、式台玄関、座敷棟、庭園などを備えている。主屋は木造平屋建、入母屋造で、17世紀後期に建築後、幾度かの増改築がおこなわれている。式台玄関及び座敷棟は安政2年築である。 本陣としての役割を持つ以外にも、地域の大庄屋も勤めていたことから、大阪府下屈指の広さの土間や飢饉に備えて食糧を保管した備窮倉、農具を保管するための納屋なども設けられている。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学不可
備考©泉大津市教育委員会