外観

逸翁美術館旧本館

  • 1階ホール

    ホールの階段を上がると2階には展示コーナーがある

    長屋門(正門)

    茶室「人我亭」

名称逸翁美術館旧本館/いつおうびじゅつかんきゅうほんかん
所在地池田市建石町1965他
TEL/FAX072-751-3865(電話)/072-751-2427(FAX)
HPhttp://www.hankyu-bunka.or.jp/
E-mail
建築年代1937(昭和12年)/1957(昭和32年)改修
建物種別 住居
構造鉄筋コンクリート造2階建
概要説明逸翁美術館旧館はもと「雅俗山荘」といい、阪急電鉄の創業者である小林一三の旧邸である。旧本館は竹中工務店の小林利助の設計で、昭和12年に竣工。RC造2階建ての建物で屋根は銀灰色のスペイン瓦葺で、玄関の外壁は黄色の竜山石を張り、2階は柱、梁、斜材を現すハーフテンバー風、妻面に四葉形飾り。内部は吹抜けのあるホール、食堂、座敷など。邸宅の他に長屋門やいくつかの茶室を配している。小林一三が理想とした芸術と生活の一致を具現化した建築として貴重である。昭和32年に雅俗山荘を美術館として開館。平成21年に新美術館が開館、22年に旧本館は小林一三記念館として再オープンした。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考