このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称鯛よし百番/たいよしひゃくばん
所在地大阪市西成区山王3丁目5番25号
TEL/FAX06-6632-0050(TEL)
HP
E-mail
建築年代大正7年(1918)
建物種別 商業・業務 / 料亭
構造木造2階建 瓦葺
概要説明

鯛よし百番は、遊郭であった旧飛田新地に建つ料亭であり、最高級の遊郭建築を現在に伝える貴重なものである。木造2階建、入母屋造、桟瓦葺で、外部は2階に擬宝珠高欄を巡らし、道路の隅切り部分に設けた玄関には、唐 破風 の屋根をつけている。内部は、中庭を囲んで部屋がつながり、遊郭独特の間取りである。それらの部屋は、日光東照宮を模した陽明門、天井には龍そして鳳凰・唐獅子・眠り猫の彫刻が施された応接間をはじめ、2 0 程ある部屋は、それぞれ独自の物語があり、それに沿って絢爛豪華な意匠がなされている。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考

ルート検索