薬医門形式の山門

源聖寺山門

  • 境内内部から山門を見る

    正面妻側から架構をみる

    境内内から架構を見る

名称源聖寺山門/げんしょうじくり
所在地大阪市天王寺区下寺町1-2-25
TEL/FAX
HPhttp://genshoji.jp/
E-mail
建築年代江戸 天保1年-慶応3年/1830-1867
建物種別 宗教
構造木造、瓦葺、間口3.2m、左右袖塀付
概要説明「延命火除(ひよけ)地蔵尊」が奉られている「源聖寺」。なお、源聖寺南側の源聖寺坂の名称は、昔境内をけずって東西に抜ける道にしたことからこう呼ばれている。坂上と坂下には石畳が敷かれている。坂の中間部は急な石段坂でゆるくカーブしている。天王寺七坂のひとつ。山門は、松屋町筋に西面する一間薬医門。間口3.2mで、潜り付の袖塀を両脇に付ける。男梁上に三斗組を置き、虹梁及び桁を高くし、鏡天井を張る。妻は虹梁蟇股、軒は二軒繁垂木で、屋根は切妻造本瓦葺とする。大型の薬医門で、蟇股や虹梁など彫りの深い絵様になる。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考