このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称筒井家住宅/つついけじゅうたく
所在地堺市北区中百舌鳥町
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸前期~
建物種別 住居
構造木造平屋建茅葺 木造平屋建本瓦葺等
概要説明

住宅主屋は、江戸時代初期の「夕雲開」(せきうんびらき)という新田開発の管理所として建築され、後に改修し住居としたものである。座敷棟は、江戸時代中期に筒井家の本拠を移すにあたり居住棟として建てられ、改修して主屋と接続し座敷とした。主屋・座敷棟の他、三畳台目の茶室・鉤の手に折れる構成が特徴的な門長屋・土蔵造 本瓦葺 の土蔵・東側庭園を囲う土塀の6件が国登録有形文化財となっている。筒井家は、戦国武将筒井順慶の末裔で、茶道は片桐貞昌の石州流を継承。柳原白蓮とも交流があり、人との交流や文化を大切にしてきた旧家である。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学非公開
備考

ルート検索