正面外観(撮影:植松清志)

観心寺恩賜講堂

  • 内部天井

名称観心寺恩賜講堂/かんしんじおんしこうどう
所在地大阪府河内長野市寺元453
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代1928年(昭和3年)/1930年(昭和5年)移築
建物種別 その他
構造木造平屋建、スレート葺、建築面積618㎡
概要説明昭和天皇即位大典のため京都御苑に建てられた饗宴場の一部を移築改造したもの。桁行21メートル強、梁間24メートル弱の規模で、屋根は入母屋造、スレート葺、内部は二重折上格天井に彩色を施す壮麗な意匠を持つ。当初設計は宮内省内匠寮、移築時の設計は池田谷久吉。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考