このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称長野神社 本殿/ながのじんじゃ ほんでん
所在地河内長野市長野町8-19
TEL/FAX0721-52-2004(TEL)
HP
E-mail
建築年代元禄16年(1703)
建物種別 宗教
構造一間社流造 檜皮葺
概要説明

創建年代は不詳、江戸時代中期頃までは「木屋堂(こやど)の宮」「牛頭(ごず)天王宮」と呼ばれていたが、明治元年に長野神社と改称。 重要文化財の本殿は、一間社流造、正面に千鳥破風と軒唐破風がつき、屋根は檜皮葺。屋上には箱棟をあげ鬼板をのせる。正面と側面の3面に縁、擬宝珠高欄をめぐらし、側面後端に脇障子を立てる。 正面は1間だが、側面と背面は2間。もとは丹塗に極彩色を施したものであるが、ほとんど剥離している。室町時代後期の建立と推定される。本殿横のかやの木は、府下最大級で府指定天然記念物。

文化財種別 重要文化財
イベントリンク
見学公開
備考

ルート検索