主屋 外観西面 南から

並河家住宅主屋

  • 主屋 外観西面 北から

    主屋 玄関戸廻り

    主屋 本瓦葺きと虫籠窓

    主屋 玄関戸 正面

名称並河家住宅主屋/なみかわけじゅうたくしゅおく
所在地貝塚市北町8-1
TEL/FAX072-422-2813(電話)
HP
E-mailjinai8156@mail.2dg.jp
建築年代天保3(1832)
建物種別 住居
構造木造平屋建、瓦葺
概要説明江戸時代の木造平屋建(つし2階)住宅。並河家は「主屋」と「土蔵」の2件が登録文化財となっている。 願泉寺住職で貝塚寺内町を治めたト半家の重臣を勤めた家柄。願泉寺の門前通りである「御坊前通り」に西面する。主屋は切妻造本瓦葺で間口8間半、奥行21間で敷地幅一杯に建ち、街路に面する町家形式であるが、大戸口右手に式台玄関を配して内部の正面に床構えを配するなど、商家の町家とは趣を異にする。土蔵は主屋の背後にあり、敷地の間口方向に棟を置く切妻造瓦本葺き2階建てで、主屋側の西面に入口を開く。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考