大道旧山本家住宅

名称大道旧山本家住宅/だいどうきゅうやまもとけじゅうたくしゅおく
所在地大阪府南河内郡太子町山田1797
TEL/FAX
HPhttp://www.town.taishi.osaka.jp/
E-mail
建築年代江戸/1830-1867
建物種別 住居
構造木造平屋建、茅葺一部瓦葺
概要説明大道旧山本家住宅は、わが国最古の国道とも言われる竹内街道の沿道にたたずむ「かやぶきの古民家」で、大和棟の形態をよく残し、大和と堺を結ぶ街道沿いの歴史的景観を特徴づける建築です。 大和棟の主屋と北西に連なる入母屋造・桟瓦葺きの離れからなり、東側には蔵を配置しています。その構造手法から江戸末期と推定される主屋は、茅葺きの切妻屋根の両側を本瓦葺きとし、内部はドマ、ザシキ、シモミセなどを配する典型的な民家で、離れには大正元年(1912)の棟札も残ります。蔵は昭和27年に建て替えられたもので、当初は広場を囲んで他に2棟の米蔵がありました。平成16年9月に公開するにあたり、近年の改装部分を取り除き、転用されたドマの差鴨居を原状に戻すなど、あまり手を加えずかつての姿に復元しています。 春季、秋季の特別公開のほか、各種イベントなどで屋内も見学することもでき、歴史街道の沿道の特徴的な住まい方を体験していただけます。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学可能
備考【利用案内】開館日 4・5・9・10・11月の土・日・祝日(都合により休館することがあります) ※平成30年度は通年土・日・祝日開館を試行します。 開館時間 午前10時から午後4時(ただし正午から午後1時は休憩) 入館料 100円(満18歳以以上) 貸室  主屋ザシキ・離れザシキの貸室を開館日に行っています。