主屋 外観西面

宇野家住宅主屋

  • 主屋 外観西面 南から

    主屋 外観西面 北から

名称宇野家住宅主屋/うのけじゅうたくしゅおく
所在地貝塚市北町17-17
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸末期(1830-1867)
建物種別 住居
構造木造平屋建、瓦葺、土塀付
概要説明江戸時代の木造平屋建住宅。宇野家は「主屋」と「茶室」「東土蔵」「西土蔵」「高塀」の5件が登録文化財となっている。 宇野家は江戸時代以来代々鋳物業を営んだ家柄である。広大な敷地は旧紀州街道に面し、主屋は北西隅寄りに建ち、その北東に茶室(大正期)、西北隅に西土蔵(明治期)、背後に東土蔵(江戸末期)が主屋を取り囲むように配置される。主屋は安政の地震後に建築されたと伝える大規模な町家で,土間の豪壮な梁組や北側の座敷など内部も良く残る。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考