美術館側から見た全景写真

正木記念邸 主屋 中門 腰掛待合

  • 庭から見た主屋

    内路地から見た中門-網笠門

    庭と腰掛待合

    次の間から座敷・縁・庭を眺める

  • 土間と3畳待合のある寄付玄関

    玄関から座敷に続く渡り廊下

    縁と座敷

    8畳3間続きの広間

  • 座敷のトコ

    3畳台目の茶室(1)

    3畳台目の茶室(2)

    6畳の茶室

  • 編笠門見上げ

    腰掛待合

    主屋の正面外観

    正木美術館と正木記念邸

名称正木記念邸 主屋 中門 腰掛待合/まさききねんてい しゅおく ちゅうもん こしかけまちあい
所在地泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
TEL/FAX0725-21-6000(TEL)/0725-31-1773(FAX)
HPhttp://masaki-art-museum.jp
E-mailinfo@masaki-art-museum.jp
建築年代主屋:昭和24/昭和27改修 (1949/1952改修) 中門・腰掛待合:昭和27(1952)
建物種別 住居
構造主屋:木造平屋建、瓦葺、建築面積208㎡、塀付 中門:木造、檜皮葺、間口0.9m 腰掛待合:木造平屋建、銅板葺、建築面積5.0㎡
概要説明実業家正木孝之は、建設業に携わった経験を活かし、昭和24~27年にかけて、自身の設計による住宅を忠岡町に建設する。主屋には、八畳三室を並べて縁を廻らせ、自身の雅号にちなみ滴凍庵と名付けた三畳台目と六畳の茶室を設ける。座敷の琵琶棚と書院風の窓を設けたトコや、座敷境の欄間など、室内意匠も洗練された和風住宅である。武者小路千家の茶人であった孝之は、中門を檜皮を葺いた編笠門形式の棟門とし、腰掛待合を設け、落ち着いた路地空間を構成した。現在は、正木美術館の所有の建物として活用されている。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学要お問合せ
備考一部公開日を設けています。日程は正木美術館にお問い合わせください。