外観

河村商店(旧加島銀行池田支店)

  • 正面西側のマンサード風屋根

    柱型上部の装飾

    1階店内

    銀行時代の床タイルが残っている

名称河村商店(旧加島銀行池田支店)/かわむらしょうてん(きゅうかしまぎんこういけだしてん)
所在地池田市栄本町3172-1
TEL/FAX072-752-3943(電話)
HPwww.mall.gr.jp/kawamura/
E-mail
建築年代1918(大正7年)
建物種別 商業・業務
構造木造2階建
概要説明この建物は大正7年に加島銀行池田支店として、池田市中心街で能勢街道に面して建てられ、屋根は金属葺で木造モルタル2階建だが、正面の構えは石積みと赤煉瓦積みで長大な柱型を表していて、窓上や柱型上部に抽象化された装飾を設けている。正面西側で大屋根に直交する形で屋根を設け、かつその部分の柱型とコーニスも他より僅かにせり出させ、特徴的な破風のマンサード風の妻面を正面に表している。設計は辰野片岡建築事務所である。銀行の執務室は2階まで吹抜けていたが、現在は便宜上、2階床が増設されている。又、銀行時代の金庫、接客カウンター、室内床タイルがまだ店内に残っている。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考