南面入母屋造北面切妻造の本瓦葺

源聖寺庫裏

  • 本堂から見る庫裏全景

    大棟南寄りに切妻造の煙出

    庫裏 戸口部分

名称源聖寺庫裏/げんしょうじくり
所在地大阪市天王寺区下寺町1-2-25
TEL/FAX
HPhttp://genshoji.jp
E-mail
建築年代江戸 宝歴1年-文政12年/1751-1829
建物種別 宗教
構造木造平屋建、瓦葺、建築面積223㎡
概要説明慶長元年(1596)12月、遠誉荷公上人が創建。後に徳川家康の都市計画により現在地に移転した。大阪大空襲の戦災を免れた江戸初期建築の本堂は昭和48年(1973)の不審火により焼失した。江戸時代の庫裏と山門が残る。庫裏は、松屋町筋東側に占める境内地の通り寄りに南面して建つ。南面入母屋造北面切妻造の本瓦葺で、大棟南寄りに切妻造の煙出を付ける。間口・奥行ともに7間で、豪快な印象を受ける。正面中央東寄りに庇を掛け、戸口とする。方柱で、柱上に舟肘木を載せ、妻は虹梁大瓶束。簡明ながら重厚な庫裏外観を構成する
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考