主屋外観(南から北を見る)

稲束家住宅主屋

  • 主屋外観(北から南を見る)

    虫籠窓

    格子

    巴瓦

名称稲束家住宅主屋/いなつかけじゅうたくしゅおく
所在地池田市綾羽
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代1751~1829(江戸後期)
建物種別 住居
構造木造2階建
概要説明稲束家は「甲字(麹)屋」といい、元禄年間は問屋を、その後は酒造業などを営んだ池田有数の商家である。同家は近世、近代を通じて著名な文化人や名士が訪れる文化的サロンを担ってきた。建物は1700年代の中頃のものとされている。間口5間半規模の切妻造、本瓦葺の平入つし2階建商家で、南方を下手とし、土間奥に角屋を出し、北西方に座敷を張り出す。正面は大きな虫籠窓を開け、庇と2階壁面を北に延ばして表門をとる。このような低い2階壁面に虫籠窓を設ける近世商家の原形を留めた本瓦葺による外観は、往時の近世在郷町池田の隆盛を象徴している。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学不可
備考