このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称豊能町立郷土資料館(東能勢小学校旧講堂)/とよのちょうりつきょうどしりょうかん
所在地豊能町余野1008
TEL/FAX072-738-4628(TEL)/072-738-3859(FAX)
HPhttps://www.town.toyono.osaka.jp/page/page000331.html
E-mailshougaigakushuu@town.toyono.osaka.jp
建築年代昭和11年(1936)
建物種別 文化施設
構造鉄骨造平屋建波板鉄板葺
概要説明

昭和11年(1936)に東能勢村の東能勢尋常小学校の講堂として建てられたもので、町中心部の高台にある。鉄骨造(リベット工法)平屋建切妻造波板鉄板葺で、正面には洋風の玄関ポーチが取り付く。改修を経て昭和62年に郷土資料館となり、民具を中心に展示されている。玄関脇には特産物のひとつ寒天作りの大釜が置かれている。建物奥の舞台壁面には当時、天皇の肖像を掲げた礼拝設備(非公開)が残る。

文化財種別
イベントリンク
見学見学可能
備考