このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称北浜長屋/きたはまながや
所在地大阪市中央区北浜1-1-22
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代大正元年(1912年)
建物種別 住居 / 商業・業務
構造木造2階地下1階
概要説明

市電敷設による土佐堀通の拡幅に伴って、大正元年に建てられた 二軒 長屋である。間口5間、奥行き約5間半の規模をもつ。背面は土佐堀川に面し、かつては地下1階部分が水面に接して川から直接出入りが可能だった。正面2階は黒漆喰による 土蔵造 だが、1階玄関には洋風のペディメントがあり、1・2階とも道路に面した部屋は洋風の内装で、特に2階の天井には押出しの金属天井が残るなど、和洋折衷のデザインとなっている。かつては証券関連企業の事務所として用いられたと考えられるが、平成28年に構造補強を含めた改修工事が行われ、店舗として再生された。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学見学要お問合せ
備考