このアイコンがある写真をクリックすると伝統工法の詳細が確認できます。
名称天野山金剛寺 大玄関他11件/あまのさんこんごうじ
所在地
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸中期~
建物種別 宗教
構造木造建造物
概要説明

天野山金剛寺は奈良時代に僧行基が開基し、平安時代後期 に阿観上人によって再興された。境内は主要伽藍を取り巻く ように100余りの子院が配置されていた。子院の大部分は 江戸時代から明治時代にかけて廃止、統合されたが、本坊周辺では 築地塀 や一部の残された建物は改築されたりして現在 も使われている。また、新たに大玄関(明治42年)や大講堂、食堂(昭和17年)のように新築されたものもある。これらは、歴史的な景観に寄与している。

文化財種別 国登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考