薬医門形式の山門

大光寺山門

  • 大光寺山門 背面

    正面より屋根架構を見上げる。

    境内内部妻側の架構

    山門の正面を見上げる。

  • 山門内から妻側を見上げる。

名称大光寺山門/だいこうじさんもん
所在地大阪市天王寺区下寺町2-1-32
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸 寛延2年/1749
建物種別 宗教
構造木造、瓦葺、間口2.8m、左右袖塀付
概要説明文禄元(1592)年2月、創建。昭和14(1939)年夕陽丘猪飼野線ができたため境内を縮小する。昭和20(1945)年3月14日大阪大空襲により焼失。江戸地中期の山門が残る。本堂は、戦後再建された。山門は松屋町筋に西面する一間薬医門で、切妻造本瓦葺とする。間口2.8mで、潜戸付の袖塀を両脇に付ける。女梁を挿し肘木状に作り、男梁上、大斗肘木を介し、虹梁と軒桁を支持する。軒は一軒繁垂木。妻と中備は笈形付の虹梁大瓶束で、妻と中備の笈形の意匠を違える。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考