本堂正面

光明寺

  • 本堂斜め方向からの全景。

    縁側から向拝と本殿側を見る。

    玄関と本堂の妻側の意匠。

    潜戸付の袖塀をつける一間薬医門

  • 境内内部から山門を見る。

    妻側から架構を見る。

    控え柱側からの見上げ

    境内内部からの山門見上げ。

  • 山門正面の龍の彫刻

    光明寺庫裏全景 庫裏と玄関

    庫裏の出入り口

    妻面の意匠

  • 庫裏背面から見た屋根と煙出。

名称光明寺/こうみょうじ
所在地大阪府大阪市天王寺区下寺町1-3-73
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代本堂:江戸 宝永 3年/1706 山門 :江戸 慶応2/1866 庫裏:江戸末期 天保1年-慶応3年 /1830-1867
建物種別 宗教
構造本堂:木造平屋建、瓦葺 山門 :木造、瓦葺、間口3.2m 庫裏:木造平屋建、瓦葺
概要説明光明寺本堂 松屋町筋の東に占める境内地の中央に位置する。入母屋造本瓦葺で、正面に一間向拝を付ける。五間堂で中央に双折両開桟唐戸をたてる。外陣及び内陣、脇陣からなる典型的な浄土宗本堂平面をもつ。建具ほかに改変が見られるものの、江戸中期の形態を伝える遺構である。 光明寺山門  松屋町筋に西面する一間薬医門で、切妻造本瓦葺とする。間口3.2mで、潜戸付の袖塀を両脇に付ける。女梁を挿し肘木状に作り、男梁上に大斗肘木を組み、虹梁と軒桁を支持。妻は笈形付の虹梁大瓶束とし、軒は一軒繁垂木。鏡天井を張り、中備に龍の彫刻を飾る。 光明寺庫裏 本堂の北側に玄関を介して繋がる庫裏は4間四方。東西棟の切妻造本瓦葺で、大棟に煙出、妻面に下屋を設け、南面西寄りに庇を付け、出入口とする。壁は白漆喰仕上げ。玄関は入母屋造妻入桟瓦葺で、妻は木連格子。本堂と庫裏が並び建ち、重厚な境内景観を呈する。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学
備考