薬医門形式の山門正面

超心寺山門

  • 歩道からみる山門

    境内内部から山門を見る

    妻側から架構をみる

    控柱側からの見上げ

名称超心寺山門/ちょうしんじさんもん
所在地大阪市天王寺区下寺町1-3-59
TEL/FAX
HP
E-mail
建築年代江戸 宝歴1年-文政12年/1751-1829
建物種別 宗教
構造木造、瓦葺、間口3.1m、左右袖塀付
概要説明慶長8年(1603)に現在地に移転と伝え、明暦3年(1657)の古地図には明記されている浄土宗寺院である。戦災で山門以外は消失。文楽人形遣いの初代・二代吉田栄三の墓がある。山門は松屋町筋に西面する一間薬医門で、切妻造本瓦葺とする。間口3.1mで、袖塀を両脇に付ける。女梁を挿し肘木状に作り、男梁上、大斗肘木を介して、虹梁と軒桁を支持。妻や中備は流水や雲紋風に彫られた蟇股とする。軒は一軒繁垂木。たちの高い薬医門である。
文化財種別 登録有形文化財
イベントリンク
見学見学可能
備考